ホーム » コラム » 塾の様子 » 新聞広告の彼
a

新聞広告の彼

目次

本日新聞折込広告が入っています。今回は、「内申35から千種高校に合格」した卒業生がのっています!

 

彼に関して今日は少しお話し相と思います。保護者の方の中にはこんな風に思っている方いないですか?

 

「うちの子全然勉強しない」「うちの子勉強のセンスは悪くないと思うんだけどな」「いつも携帯ばかり触っていつ勉強するの!」

 

彼もそんなお子さんの一人でした。中1の最初のテストの順位は50番位だったでしょうか。その後順調に順位を上げ20番前後くらいになりました。ただ、20番以内に入ろうと思うとやはり「努力」「勉強量」が必要となってきます。

 

ところが中3を目前として口では「次は頑張る」「俺は見えないところで頑張っている」というものの勉強している気配は見れず。。

私も悩みましたが、保護者の方はその何倍も悩んだ事だと思います。

 

ただその状態を放置しておくことはできません。テストの前には自習に呼んだり、時には厳しく指導したり、時には若い先生のコメントの方が響くと思い、他の先生に口添えしてもらったりと。なかなか一気に改善はしませんでしたが、少しずつ、少しずつですが勉強量が増えてきました。そんな中でも私の中で1ミリたりともぶれなかったことは、

 

「どれだけ内申が低かろうが彼なら絶対受かる力を持っている」と。

 

ただ中3の2学期の後半だったでしょうか。急に志望校を下げると言い出しました。内申が思うように伸び悩み、不安も強かったのだとは思います。ただその後両親としっかり話をしたうえで、だめでもいいから千種高校を受験すると決めました。

 

そして千種高校合格をゲットしました!

 

高校に入学した今でも時折顔を出しに来てくれます。学校や部活が楽しくて少し勉強をさぼっているらしいですが、彼なら大学受験も成功してくれると思います。千種高校でも上位1割以内も軽く狙える力はあると思います。今後に期待していますね!