ホーム » 勉強方法 » 中学生勉強方法 » 中3生 夏休みの宿題のやり方
a

中3生 夏休みの宿題のやり方

目次

夏休みが始まりましたね!この夏休みは中3生は宿題のやり方をチェックしています。そこでよくある宿題の取り組み方の間違いを伝えたいと思います。保護者の方は一度お子さんの宿題をのぞいてみてもよいかもしれませんね!

 

間違えた問題、説明を見た問題はチェックしておこう!

 

間違えた問題はあとからやり直すために、必ずチェックしておきましょう。それに加えて、問題集には、「解説ページ」があります。そこを見て正解した気分になっているお子さんも多いです。何か参考にして解いた問題も必ずチェックするようにしましょう。

 

 

答え合わせは1単元事に!

 

時々宿題を終わらせたいがために、何10ページも解いてから最後に答え合わせをするお子さんがいます。少なくとも、1単元ごと(見開き1ページ)ごと答え合わせをしましょう。こまめに答え合わせをしてすぐにやり直すことによって記憶に残りやすいです。まとめて答え合わせをすると、だいぶ昔の事なので内容をさっぱり忘れています。

 

夏休みの宿題を1回終わってからが勝負!

 

実はここからが一番大切です。課題が終わると一安心してしまうお子さん、課題が終わった後に何をしたらよいかわからないお子さんが多いです。課題が終わってからはまた長くなってしまうお話なので後日お伝えしたいと思います。

 

ただ、上記のポイントは一度保護者の方にも確認してほしいと思います。