ホーム » コラム » 塾の様子 » 小6生の1年のスケジュール!この夏は本気でがんばらないとやばい!
a

小6生の1年のスケジュール!この夏は本気でがんばらないとやばい!

目次

 

今日は小6生の1年のスケジュールとこの夏の意義をお話しようと思います。小6生徒の一番の目標は「小学校の内容を固め」「中学校で良いスタートを切れるようにする」事です。

 

1年間の塾でのスケジュールは、今年度内に小学校6年生の内容をすべて終わらせます。そして年明けの1月、遅くとも2月からは中学校の内容の予習をしていきます。中学校の最初の中間テストは5月にあるので、そうすると1月~5月まで約4か月他の子よりも先に進める事が出来ます。

 

そうなると、小学校の復習をする時期はこの夏しかないんですね。そこでこの夏絶対に抑えておきたい事は、

 

 

  • 算数は計算力の徹底(工夫する計算、分数、小数)を徹底的に!徹底的にと言うのは、問題を見て考えて解くのではなく、問題を見た瞬間に1秒で答えが頭に浮かぶ状態です。

 

  • 読解力の向上 中学校に入ると、5教科本格的に勉強しないといけないため、読解力を上げるための勉強をすることに時間がさけません。学校の教科書以外の本文で、根本的な読解力をつけるにはこの夏しかないです。特に、普段本を読まない子、その中でも漫画も読まない子は要注意です。漫画も読まないとなると日常生活において活字を読む機会がほとんどないからです。

 

ただ逆にチャンスでもあります。小6の夏に、中学校の事を見越して一生懸命勉強する子は、中学受験の子以外はほとんどいません。小6生、この夏が本当に重要な時期です。少し意識を変えて勉強を頑張って欲しいと思います。