ホーム » コラム » 塾長日記 » 新年のあいさつと大学時代の先輩からの手紙
a

新年のあいさつと大学時代の先輩からの手紙

目次

新年あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。今年も生徒たちのために、講師一同全力でがんばりますよ!

 

先日大学時代の先輩から手紙が届きました。その文面には

 

「この激動の時代、子どもたちに何を伝えるべきか、というか、伝える必要は全然なくて、大人一人1人が自分の人生を歩んでいるだけでいいんですよね。その姿勢がいつのまにか子供に伝わればいい。」

 

と書いてありました。なるほどなぁと。普段特に意識せずに子どもたちとコミュニケーションをとっていますが、子どもたちは大人たちの事を良く見ているはずです。言葉で伝える事も大切ですが、ちょっと古臭いですが「自分の背中で語る」という事も大切なんだなぁと改めて知らされました。

 

とはいえ、1点だけ反論もありまして、私は子どもたちに伝えたい事、伝えるべき事は山のようにあります!それは一気には伝える事が出来ないので、普段のコミュニケーションの中で少しずつ伝えていけたらと思います。

 

私自身学生時代、お世話になった方に教わった事、そして大人になってみて、子どもの時にこんな事知っていたらなぁ!と思う事がたくさんあります。

 

先輩には勝手にネット上で反論しちゃいましたが、尊敬しているので許してくださいね笑

 

新年が始まったら特に受験生にとっては入試という大きな山場がすぐにやってきます。一人で乗り越えるのではなくて、保護者の方、学校の先生、友人、塾の先生とみんなで協力しあって大きな山を乗り越えていきましょうね。