ホーム » コラム » 塾長日記 » 2020年に思う事
a

2020年に思う事

目次

新年にあたり私も思うところを。今のお子さん達が大人になる頃は本当に大変な時代になっていると思います。どう大変かというと、

 

1.格差社会の広がり

 

間違いなく今後格差はどんどん広がります。そして今まで「普通」と思われていた事が「普通」でなくなります。それは正社員で働く事だったり、結婚、出産んだったりといろいろ。

 

2.正解が見えない将来

 

これは良くも悪くもです。今まででしたら、高学歴→大企業→将来安泰 という図式がなくなりつつあります。またAIにより一つの業界全てがなくなってしまう事もあります。そのような社会では自分の頭で考えて、行動して道を切り開いていく力が必要となります。ただし、自分の頭で考えて道を切り開いていく子にとっては大チャンスですよね。

 

 

3.グローバル化

これからますますグローバル化が進み、英語の必要性が高まってくるでしょうね。今後もすべての人が英語を使うとは限りませんよね。ただ今後は英語が出来る人と、英語が出来ない人の格差がどんどん広がっていくと思います。また、英語のいかんにより職業の選択の幅に大きな影響ができています。

 

実は以前こんな事がありました。私の知人がアパレルショップの店長をしていました。店長さんなので英語は使う必要性はあまりないですよね。ところがある日突然

 

ユニクロに買収されたんです。。

 

そして、TOIECの点数を〇〇点以上取らないと昇進はできません!

 

と。その知人はびっくりして猛勉強していました。今まで英語が必要なかった会社でも、ある日突然英語を公用化している会社や外資系の会社に買収される可能性が高くなってきていると思います。今までと違い他人事ではないと感じますね。

 

塾の仕事はお子さん達のテストの点数を上げて、志望校に合格してもらう事です。ただ上記のような時代の中でもお子さん達が将来道を切り開いていけるような力をつけて欲しいと思います。