ホーム » コラム » 塾の様子 » 思い出に残る高校3年生
a

思い出に残る高校3年生

目次

先週を持ってすべての高校3年生が大学受験を終わりました。後は結果を待つのみですね。全員既に一つの大学には合格しているので、その他の合否を待っています。

 

実は今の高校3年生は、私にとって一つの節目の学年であります。それは

 

KKGは今月でちょうど創業丸6年になります。

 

それは何を意味するかというと、

 

中学校1年生から6年間ずっと通ってくれた子が高校3年生になったという事です。

 

まだあどけなさが残る中1の頃から、ずっと彼ら、彼女らの成長を見てきました。

 

成績が上がって嬉しがっている様子、一時期思うようになかなか成績が伸びず悩んだ時期。学校や部活で活躍して満足げに話す様子、高校に入って少し遊んでしまって勉強をおろそかにした時期があった事など。

 

次々と思い出がよみがえってきます。彼らにとって、高校3年生のこの1年間は本当に大変だった事だと思います。

 

先日で授業が最後となりました。正直寂しいですね。塾は卒業となりますが、私にとっては何年たってもかわいい生徒たちです。

 

またいつかみんなで集まれたらいいな。

 

高校3年生、本当におつかれさまでした!