ホーム » コラム » 次の定期テストが受験にとてつもなく大きな影響を与えるぞ
a

次の定期テストが受験にとてつもなく大きな影響を与えるぞ

目次

学校が再開し始めますね。今の流れで行くと、新学期が9月からになるという可能性は低いと思います。

 

コロナウイルスが落ち着き始めていますし、政府に制度を根本的に作り直すようなパワーはないと思いますし。海外では9月入学のところが多いので、日本に優秀な外国人や留学生が来るようになり、個人的には9月入学もいいじゃないかなぁとは思います。

 

入試の時期に関しても大きくは、ずれないと思います。もしかしたら1、2週間くらいはずれるかもしれませんが。また受験の範囲が狭くなる可能性はありますよね。

 

 

さて学校が始まりますが勉強面心配ですよね。特に受験生。

 

中学3年生は今の流れで行くと6月末、もしくは7月頭に期末テスト(もしくは中学校によっては「確認テスト」という呼び名になっているところもあります)が行われます。という事は、

 

 

1学期の通知表は、この期末テストと課題の提出状況

 

で決まってしまいますよね。中学校3年生にとって1学期の通知表は2学期、3学期の通知表に大きく影響します。

 

これは非常の大きな問題です。

 

そして高校3年生。特に推薦を狙っている生徒で、2年生後半、3年生で挽回しようと思っていた生徒にとっては、テストの回数が減る事によって通知表の挽回が難しくなってきます。となると次のテストは本当に重要どころか推薦がもらえるかどうかが決まる、入試と同じくらい重要なテストになりそうです。

 

上記の日程と仮定すると期末テストまで残り1か月となります。学校も始まったばかりなので進度がすぐに進むとは考えにくいです。となると、

 

次回のテスト範囲は、休校中の課題から出される確率が高いと思います。

休校中の課題、全部合わせると結構な量ですよね。今学校も始まって何を勉強したら良いかわからないと思います。まずは休校中の学校の課題を再度やり直しましょう。そしてテスト範囲がわかり次第、その勉強に切り替えるのが良いと思います。

 

 

混乱期においてやるかやらないかが差がつく時期です。気を引き締めて頑張っていきましょう!