ホーム » コラム » 塾長日記 » 生徒の気持ちになってみた
a

生徒の気持ちになってみた

目次

 

一ケ月前から中国語の勉強をはじめました。結構本気です!

まずは、6月末の中国語検定の申し込みをしたので、それに向けて頑張っています。たださすがに独学だと厳しいので、週1回中国の先生に教えてもらっています。

 

そこで痛感したのが、やはり勉強のやる気も先生次第なのだなという事です。

 

私は好きで初めた中国語ですが、一度に2時間学習します。たかが2時間でも結構疲れるんですよね。ただそんな中でも先生が好きだと頑張ろうという気にもなるし、楽しいんですよね。

 

そしてもう一つ大事な事はこれも当たり前ですが教え方ですよね。今の僕の中国語の先生はすごい教え方が上手なんですね。もちろんモチベーションも上がりますし、それに「この先生すごいな」と尊敬します。

 

自分が生徒の立場になって改めて「教える側」がいかに大切かを再度認識しました。来月頭には当校の講師勉強会があります。講師全員で日々能力アップをはかっていきます。