ホーム » コラム » 塾長日記 » 高校生の涙
a

高校生の涙

目次

高校生の多くは英検を受験しました。そこで、英作文や二次試験は一人では勉強しにくいので、ネイティブの外国人講師が指導しています。

初めてネイティブ講師の授業を受ける子はまず簡単なフリーの会話をします。その後授業が始まります。

ある時一人の高校生が授業を受けました。すると、授業の後半若干涙ぐんでる感じがしました。どうしたんだろう!?

授業後話を聞いてみると、

 

「授業はすごく楽しかったんだけど、自分自身が全然英語を話せれないから悔しくて涙が出ちゃった」  と。

 

このような悔しさを持ち、強く成長したいと思う生徒は後々本当に強いです。

翌週彼女はまたネイティブの授業を受けました。すると、ネイティブ講師もびっくり!

 

「彼女どうしたの?落ち着き具合も英作文の出来もすごく上達して別人みたい!」

 

と驚いていました。それどころか、模試の英語でも前回から40点くらい上がってました。

悔し涙いいじゃないですか!

これから入試本番まで不安な事、悔しい事たくさんあると思います。涙を流すこともあるでしょう。

それを糧に一回りふた回りと成長していきましょう。そして一人で抱えこまずに、我々講師一同共に入試を乗り越えていきましょう!