ホーム » コラム » 塾に自習に行ってきまーす! それ大丈夫!?
a

塾に自習に行ってきまーす! それ大丈夫!?

目次

テスト週間に入ったので今日は自習室に多くの生徒が勉強しにきて頑張っていました。今日は塾の自習室に関してお話したいと思います。私は以前大手の塾で勤務時代に様々な教室を見てきました。その経験も踏まえお話したいと思います。

 

多くの塾では「自習室があるので勉強しに来てください」と言われる事があると思います。そして生徒さんも、毎日塾に自習に行くようになって一安心と思いきや。。お子さんが自習室で何をしているか、知っていますか?

 

塾内が静かで、みんなが集中している塾であれば全然問題ありません。家より塾の方が勉強がはかどるのであれば、どんどん塾の自習室を活用したら良いと思います。

 

ただ、中には自習に行くと言いながら、塾で、友人同士でお菓子を食べながらおしゃべりして、携帯を触って終わりという教室も残念ながらあります。そして何もせず一日が終わってしまう事も。

 

理由として考えられるのは、1つは塾全体が普段から騒がしい雰囲気になっている事が考えられます。個別指導は先生が大学生の事も多く、年が近い分授業中騒がしくなる教室もあります。2つ目は、意外と多いのですが、塾長さんが、生徒たちを叱る事が出来ない、という事も結構あります。どこかで「子どもたちに嫌われたくない」という深層心理から来ているのかもしれません。

 

当校の生徒も塾に楽しんできてくれる生徒が多いです。ただ、オンとオフのけじめをしっかりつけて、やる時はしっかりやるように指導しています。

 

最期に余談ですが、時折親戚の家に行き、いとこが通っている塾の事を聞くことがあります。すると、いとこは

 

「うちの塾の先生、うざいんだよね。挨拶しないと、すぐ怒るし、忘れ物したり、授業中少し話しただけでも、注意するんだよね」

 

と、文句を言いながらも、いとこの表情はまんざら嫌そうでもないんですね。そんな話を聞きながら私は「きっとこの先生はいい先生なんだろうなぁ」と思いながら話を聞いています。

 

最近では、教育業界もITや映像授業などを活用するところが増えてきました。ただ授業の方式は変われど、「挨拶」「礼儀」「思いやり」など時代が変わっても、大切な部分はいつの時代でも変わらないと思います。

 

私も日々生徒たちの成績を上げるために獅子奮迅していますが、勉強面に限らず「人」としても成長するような塾でありたいと願っています。