ホーム » コラム » 塾の様子 » 先生!私は将来塾で働きますね!
a

先生!私は将来塾で働きますね!

目次

今日はとりとめのない話ですが、最近中学生も、高校生もよく言うのが、

 

先生!塾の先生って楽しそうですね!僕、私は将来ここで働くんでよろしくね!

 

という子がめちゃくちゃ多いです。子どもたちから見て、先生たちが楽しそうだったり、こんな塾で働いてみたいと言ってくれるのはうれしい事ですね。

 

ただ、楽しいことばかりではありませんね。やはり、塾の先生として働いている以上

 

子どもたちの成績を上げる!

 

という責任があります。もちろんプレッシャーもあります。そのようなプレッシャーの中子どもたちと二人三脚で頑張って成果を出すことが塾の本当の面白さであり醍醐味ですね。

 

実は当校は、元塾生が結構の人数働いてくれています。塾の雰囲気や流れもわかってくれているし、一生懸命頑張ってくれています。また、自分たちが受験生時代悩んだ事や、成績が上がったことを生徒たちに伝えると、年が近い生徒も自信をもち、やる気が上がります。

 

とはいえ、元塾生以外の先生も多く活躍してくれています。ただ、昔はいろいろと失敗もありました。例えば

 

「塾の経験があります」 「家庭教師の経験があります」

 

と言って応募してくれる方もいます。最初のうちは期待して信じていたのですが、ある時ふと思って、各先生の生徒の成績UPを計算してみたんですね。すると、最初に「経験があります!」と言ってた先生の方が、生徒の成績の伸び率が悪かったんですね。もっと言うと、「元〇学校の教員でした」という方ですら、生徒の成績を上げる事が出来ない場合がありました。

 

理由はわかりませんが、前職での経験、研修があまりよくなったのかもしれません。それ以後はどんなに経験がある人でも、ゼロから、研修しています。

 

ちなみに、私が講師の方に研修時よく言う言葉があります。それは、

 

「守」「破」「離」

 

です。

まずは何をやるにも、基礎、やり方を守る 「守」

続いて、基本を少し変えた自分独自の方法を変える「破」

最後に、独自の方法を生み出す「離」

 

というものです。何事も最初の基本的な「守」を徹底しないと結果は出ません。これは生徒たちの勉強の方法にも当てはまると思います。

 

最近、塾で働きたい!という生徒が多いので、今日は感じた事を書いて見ました。