ホーム » コラム » 塾長日記 » 私が学校説明会へ行く意味
a

私が学校説明会へ行く意味

目次

今日は私立愛知中学校・愛知高校の説明会へ行ってきました。愛知高校に関しては後日の記事で紹介しようと思います。今回は、私が学校説明会へ行く意味です。

 

例えば今回の愛知高校。春日井から受験する子は実はそれほど多くはないんですね。愛知高校に限らず、春日井から交通が遠い学校は基本受験する子が少ない、学校によってはほぼゼロですよね。

 

なぜ、春日井以外の高校にまで足を運ぶかというと、以前とある塾のセミナーに行った時、こんな事を言われました。

 

「みなさんの中で理学部と工学部の違いわかる人いますか?先日のセミナーで聞いたときにわかると答えれた人は1割以下でした。みなさん、こんな状況で生徒たちの進路相談できます?正直言うと、この違いを知っていたからと言って、お客さんが急激に増える事はないです。もしかしたら変わらないかもしれない。ただね、みなさんの教室の中で、理学部か工学部か迷っている生徒がいたらどうします。その生徒にとっては人生を決める大きな決断ですよ。そんな時に適当な進路相談なんかできないですよ。私は、そんな一人の生徒を大切にできる塾をみなさんに作って欲しいんです」

 

と。じーんと来ましたね。自分もこんな塾を作りたい!って思いました。

 

そういう背景もあって、いろんなセミナーに行ったり、学校説明会に行ったり、日々情報収集をしています。それに、せっかく塾に入ってくれた生徒の事を考えると、あれこれ考える前に気づくと反射的に行動しています。

 

本当は今日愛知高校の話をしようと思っていましたが、話がそれてしまいました。愛知高校に関しては明日お伝えしますね!