ホーム » 勉強方法 » 高校生勉強方法 » 春日丘進学コース 高校3年生8月まで部活をやっていたのに、国公立大学合格! part4 最終章
a

春日丘進学コース 高校3年生8月まで部活をやっていたのに、国公立大学合格! part4 最終章

目次

今日は春日丘進学コース、3年生の夏まで部活をやっていた子の国公立合格体験記 最終章ですね。では行きますね!

 

④できないわけがない、自分は運がいい、と思い込む。

メンタルの話です。
よく、今日ツイてない日だわ〜とみんなが言うのを聞きますが、本当に今までそんな日が訪れたことがないほどポジティブ星人の私です。

正直私はいつもネガティブなことばかり言っている人がうまく行っているのをみたことがないです。
くよくよ悩んでる暇があったら勉強して気を紛らわしましょう。

 

結果がでなかったらどうしよう、と不安になる気持ちはすごくわかります。痛いほどに。でも、それを不安がったところで英語が読めるようになるわけじゃないし、数学が解けるようになるわけじゃないですよね?不安だな〜…と考えている10秒の時間に英単語5つ確認したほうが有意義だと思いませんか?

あとは、何が起こっても前向きに考えるようにしましょう。例えば、自分の苦手なところを見つけた、演習問題が全然解けなかったとき。時間も残されてないのにまだこんなにできないなんてと思うのか、本番の前に知れてラッキー、まだ自分には成長できるところがある、と思うのか。勉強に限らず何か嫌なことがあったとしても、まあたまにはそんなこともあるわな!しょうがない!と嫌なことは考えることを放棄するようにしていました。

ただ、調子に乗るのとは話が違うのでそこだけ気を付けましょう。今の行動は良くなかったなと思うことはきちんと反省して次から気を付けたほうがいいですね。それ以外は何が起こっても動じず、前向きに考える習慣をつけると本番にも強くなれるんじゃないかなと思います。

私はいつも、できないことなんてあるわけなくない?自分に合う方法を見つければ絶対にできるはずと思っていたし、私は運がいいと思い込むようにしていました。」

以上が今回のシリーズの全てになります。読んでいて私自身はっと気づかされる事もありました。そして今回の文章は、私は一文字も訂正せずに掲載しています。もし保護者の方でこの記事を読まれた方がいたら、一度お子さんにも見せてあげてくださいね。

 

また機会があれば他の講師の方の記事も公開していこうと思います。