ホーム » 勉強方法 » 夏期講習は戦略が必要だ!~春日井南高校編~
a

夏期講習は戦略が必要だ!~春日井南高校編~

目次

今日も夏期講習に関してです。個別指導とは一人ひとりが志望校に合格するため、最短で結果を出すための授業をすることだと考えています。もうすぐ夏期講習が始まりますが、夏期講習と言ってもただやみくもに勉強をするだけではいかません。「高校受験」も「大学受験」も、受験には「戦略」が必要です!

 

戦略とは何か。具体的に春日井南高校に合格するための数学の「戦略」を考えてみましょう。

youtube動画でも紹介しています!

 

 

その1.志望校に合格するには、当日の点数で何割必要か?

例えば春日井南高校でしたら、当日点は最低でも6割くらいは欲しいですよね。本当は7割くらい欲しいですが。まず、自分の志望校が当日何割くらい必要か調べましょう。

 

その2.では、数学で6割~7割とるにはどうするの?

ただやみくもに、6、7割を目指すという事をしてはいけません。どの問題を「確実に正解し」どの問題を「捨てる」か。これが大切な事です。難しい問題ばかり挑戦していては、本末転倒になってしまう可能性があります。

 

まず、「■1」の(1)~(6)は確実に正解しないといけません。(9)の角度問題も解きやすいのでこの夏にマスターします。

 

続いて「■2」の確率。確率も訓練すれば解けるようになるので必ず解かないといけません。(2)の証明は人によっては難しいです。出来る人は訓練してできない人はいったんこの夏は飛ばしても大丈夫です。(3)、(4)は難しいので飛ばしても大丈夫です。ただ(4)の②のグラフ問題は難しいですが、訓練で解けるようになります。

「■3」の円周角も解きやすいので、解けるようにしましょう。

 

 

上記合計すると、合計点が半分くらいになります。そして、入試に向けて7割近くをとれるようにしていきます。ちなみに、最後の2,3問は春日井高校の子でも解けない子が多いので無視してもらって大丈夫です。(とはいえわからなくても適当に数字は記入してくださいね)

 

結論からいうと、春日井南高校を目指す子は、この夏は「計算」「角度」「確率」「一次関数の基本」これだけを徹底してください。そうすると、数学が苦手な子でも入試に十分に間に合います。

 

最期に。数学が得意な子は良いですが、苦手な子は「計算」をあなどってはいけません。この夏の間に全問正解するレベルまで磨きましょう。そうでないと、入試直前になって、なかなか計算ミスが治らない子が結構います。

 

今回は春日井南高校の数学を例に出しました。ただ、やみくもに勉強するのではなく、入試までを見通した「戦略的」勉強を心がけましょう。