ホーム » 勉強方法 » 中学生勉強方法 » 英語のリスニング勉強方法
a

英語のリスニング勉強方法

目次

今日は中学生のリスニングの勉強方法に関してです。

 ■教科書のCDを購入する

 

学校の教科書のNew Horizen のCDが売っているのでそれを購入して聞いて勉強です。学校のテストの勉強にもなり、非常に良いのですが、なにぶん一人でCDを聞いて勉強するという事が手間ですし、勉強していて楽しくはないのがネックです。。

 

 ■NHKのラジオ英会話で勉強

 

これ結構お勧めです。いろんなレベルに分かれています。自分のレベルがわからない方は以下の表を参考にしてください。Cefrのレベルに対応しています。

 

https://eigoryoku.nhk-book.co.jp/cefr

 

テキストは本屋さんに売っています。1冊500円くらいです。内容は非常に良いです!実は私も学生時代聞いていました。月曜日~金曜日 毎日15分の放送です。これを日々聞くだけで、英語力はかなり伸びます!時間は

 

ラジオ第2(本) 月曜~金曜 午前6:30~6:45
ラジオ第2(再) 月曜~金曜 午後7:15~7:30
ラジオ第2(再) 月曜~金曜 午後9:30~9:45

 

です。ただこれも非常に良い教材ですが、毎日15分聞くというのが大変ですね。習慣化するまでが大変かもしれません。ただ最近はアプリもあるので、アプリだと上記以外の時間でも自由に学習できます。中学生の方は、「基礎英語」から始めるのが良いと思います。

 

■Youtube

 

Youtubを使った勉強も非常に有益です。最近は私も何か勉強する時に紙媒体の書籍よりも、youtubeを見る比率が大分高くなってきました。中学校の文法の説明動画は実はたくさんあります。ただそれだと学校の勉強はわかったとしてもリスニングやスピーキングの勉強にはならないんですね。Youtubeを使用してリスニングや本格的な英語を勉強する場合は、海外の動画の方が良いものが多いです。これに関しては今まとめているので、後日お伝えしたいと思います。

 

 

今回リスニングの勉強方法をいくつかお伝えしましたが、一番伝えたい事は、

 

今までの英語の受験勉強では、今後通用しない!

 

という事です。英検をはじめとする資格が必須となりますよね。そうなるとリスニングの比重も大きいですし、スピーキングも必要です。従来の勉強方法が通用しなくなってきました。普段から「話す」「聞く」を意識した勉強を心がけましょう。今までみたいに受験生の3年生になってからでは間に合いません。1年生、2年生のうちから勉強すうる必要があります。

 

そうすると受験勉強のみならず、社会に出てからも通用する英語力を身につける事が出来ると思います。