カテゴリー : コラム

2020年度から始まる、科目としての「小学校英語」について 最終章

2020年6月2日 カテゴリー:コラム

今回で小学生英語に関しては最終章です。では見ていきましょう。

 

小学生の間にすべきこと

 

「4技能・5領域」について、まんべんなく、小学校で与えられた教材を元に「磨き上げる」必要があります。教材に出てくる英文、英単語・熟語を、学校からの指示がなくても、書いて、覚え込んでいって下さい。

 

もし、小学校の2年間で、英語を書くことや正しく覚え込むことを怠ると、中学生になった時、中1の最初の授業が、いきなり、従来の「中2内容」から始まり、この先3年間、「ペーパーテスト」である定期テストで従来の中学生以上に苦労することになってしまいます。

 

いかがでしょうか。ここまでで、「小学校英語」、また、小学生での1、2年間がいかに

大切か、ご理解いただけたでしょうか。では、最後に、その先の「中学校英語」についても考えてみましょう。

 

 

2021年度の「中学校英語」に関する懸念事項

 

2020年度より始まる「小学校英語」に伴い、今の小6の皆さんが中学1年生となる2021年度からは、新指導要領による「中学校英語」が実施されることとなります。それによれば、中学3年間で、これまでの高校1年生内容程度の英語が要求されることとなるのです。

 

 文法項目

 

これまで高校で扱ってきた「原型不定詞」や「仮定法」の基本形などが新たに「中学校英語」に加わる

 

 英単語数

 

これまで中学3年間で学ぶ英単語数は、1,200語だったものが、今後は、1,800語にまで増える

 

⇒ 中学校で実施される定期テストの難度が上がる

 

⇒ ひいては、「中学校英語」を元にした、「高校入試英語問題」も難しくなる

 

 

「小学校英語」の教材を使って「4技能・5領域」を磨き、特に「書く英語」「読む英語」についてトレーニングを積んできた児童と積んできていない児童の間の差は、従来の差以上に開くと思われます。そのため、万が一、「小学校英語」が定着していないまま中学校に上がってしまうと、「中学校英語」で取り戻すことが従来以上に困難となると思われます。

 

以上、「小学校英語」の影響を受け、その先の「中学校英語」についても触れました。

 

中学3年間での学習内容の難度が上がり、範囲が広くなることから、当然、「高校入試英語」の難度も上がることは十分に想像できます。(加えて、高校進学後では、高校の授業で要求される英語力のレベルも上がることでしょう。)

 

ここまで長々と述べさせて頂いたことをまとめますと、以下の通りとなります。

 

まとめ

 

「小学校英語」の内容を元に、「4技能・5領域」をまんべんなく磨くこと、加えて、日々、「小学校英語」の教材を元に、「英語を書くこと」、「英語を読むこと」、さらに可能なら、「英語を聴くこと」を日課として習慣づけて、「小学校英語」を「身に着ける」、「体に定着させる」こと、さらには、そうした「学習習慣を身に着けること」がこの先の英語学習において絶対に必要となる、ということです。

 

 

将来ある小学校5年生、6年生の皆さん、是非、この貴重な1、2年間を大切にして頂きたく思います。私たちKKGは、頑張る皆さんが、「では、どのように頑張ればいいの?」という思いに応えていきます。さあ、一緒に取り組んでいきましょう。

2020年度から始まる、科目としての「小学校英語」について part3

2020年6月1日 カテゴリー:コラム,英語

みなさんこんにちは、六軒屋校責任者の伊藤です。今日は小学校英語における年間スケジュールと、私が感じるメリットとデメリットをお話したいと思います。

 

年間スケジュール

 

「小学校英語」の授業回数は、年間70回です。これは、1週間に2回、英語の授業が行われるペースです。(1年間、52週ありますが、そのうち、夏休み、冬休み、春休み、また、ゴールデン・ウィーク等の祝・祭日、加えて、野外学習や修学旅行、その他運動会や学習発表会のための練習時間などで、学習に充てられる週数は実質、40週を切ると思われます。)

 

ということは、

従来、中学校では週4回ほど、英語の授業がなされてきている。その回数の半分で、小5、小6の2年間に従来の「中1内容+α」を学習することが想定されます。

 

かなり、ハードスケジュールだと思うのです。次から次へと「体験型授業」で進められてしまう気がしてきませんか。理念は素晴らしく、内容も厳選されて優れたもののようには思われますが、クラスの児童皆さんの英語の基礎を、一律に培うことが可能なのでしょうか。

 

では、次に、「小学校英語」において想定される「メリット・デメリット」について考えてみたいと思います。

 

 

2020年度からの「小学校英語」のメリット・デメリット

 

メリット

 

狙い通りに効果が見込めるならば、

1.「実用可能な英語」の基礎がアウトプット(「やり取り」「発表」)中心で身につく

2.「英語嫌い」になることなく、意欲的に挑戦できるならば、努力次第で小学生の間に、「英検4級」まで挑戦可能

 

いかがでしょうか。上記2点が、小学校卒業時に大多数の小学生に当てはまるとしたら、本当に素晴らしいことだと思います。ただ、もし、思惑通りに事が進まなかったとしたら、

どうでしょうか。次に、デメリットについて述べてみます。

 

 

  デメリット

 

  • 控えめな児童の場合は“すでに英会話を習っているクラスメート”に「やり取り」や「発表」での発言の機会を譲ってしまいかねない。それにより、児童の間の「英語力」の差をさらに広げかねない。

 

  • 特に、英語を「書く」学習や、必要な英単語・熟語、基本例文を「覚え込む」トレーニングを怠ると、中学入学時、“中学英語の壁”で苦しむことに。

 

(従来の中学1年生はアルファベットを初めて習うところから始まりましたが、2021年度に中1になる現在の小6児童は従来の「中2内容」から「中学英語」をスタートすることとなる。そのため、「小学校英語」の時に「英語を書く」「英単語や基本英文を覚え込む」という学習を習慣化していないと、従来よりも難度の高い定期テストの準備で大変苦労することとなる。

 

さらに、従来の「中学校・定期テスト」では、「英語長文」もありますから、「英文を読むトレーニング」も必要です。ただ、それ以前に小学生の頃から「英単語や英語基本例文を手で書いて覚え込む」ことが身についていなければ、英語長文読解はなおさら難しい、と

いうこととなりますね。

 

 

今年度、小5、小6となる皆さん、いかがですか。小学校の間の期間がとても大切である、と実感がわいてきたでしょうか。次回は、小学生の間に是非して頂きたいことをお伝えしたいと思います。

2020年度から始まる、科目としての「小学校英語」について part2

2020年5月30日 カテゴリー:コラム

今日は小学校英語の第二回です。授業の進め方に関してお伝えしますね。

 

授業の進め方

 

「4技能・5領域」を磨く

 

・「4技能」とは、「聞く・話す・読む・書く」の4つ。

・「5領域」とは、「4技能」に照らして「聞くこと・読むこと・書くこと」の

 3つの「領域」の他、残りの技能、「話す」を2領域に分けた、「やり取り(会話)」

と「発表」を合わせた5つ。

 

昨今の大学受験における英語でも、「4技能」を評価することは話題に上がっていました。

この「4技能・5領域」を、小学生のうちから、基礎を培おう、ということですね。

 

ただ、大学入試に直結していく「4技能・5領域」ですが、小学生のうちから大学入試を意識し、「知識偏重の、詰め込み形式」となっては小学生の頃から「英語嫌い」が続出してしまいそうですね。では、そうしないための授業は、どうなるか、想像してみましょう。

 

 

 「やり取り」や「発表」重視する

従来のような「机上での、知識の詰め込み」を避け、「実際に使用すること」に焦点を当てて行われると思われます。

 

  ・想定される授業風景

文法用語を用いず、単語や英語構文・基本例文は無理に覚え込ませず、会話、つまり「やり取り」と、「発表」を重視した体験重視の授業になる、と思われます。

 

その「やり取り」や「発表」ですが、事前に用意のある英文や単語カードを参照しつつ行われるのでは、と思われます。つまり、言いたいことを、目の前にある例文を元に、言いたいことを単語カードにある英単語をあてはめて答える、という形式を認めるのではと思われます。

 

⇒ 事前準備、資料参照を認めることで、「学習発表会」の要領で授業が可能。

 

⇒ これにより、「英語を使う」経験が授業時間で得られる。

また、「無理な覚え込み」を要求しないため、「英語嫌い」を作らず、

「英語を使えるようにする」ことにつながる。

 

あくまでも、想定ではありますが、一斉授業でいきなり「やり取り」を自然な英会話の形式で行うことには無理があります。考えられる一つの方法として例示してみました。

 

次回は小学校英語の年間スケジュールと、小学校英語のメリット、デメリットについてお話したいと思います。

 

2020年度から始まる、科目としての「小学校英語」について

2020年5月29日 カテゴリー:コラム

皆さん、こんにちは。KKGの伊藤です。

 

今回は、2020年度より小学校で実施される、科目としての「小学校英語」について、数回に分けてお伝えしたいと思います。将来のグローバル社会で羽ばたいて頂くために導入されたこの「小学校英語」について、その特徴(内容、メリット・デメリット)から小学校の間に取り組んで頂きたい「提言」まで、以下に示しましたので、どうぞご家族皆様で目を通して頂けたらと思います。

 

 

さて、今年度小学校5年生、6年生となる皆さん、また、保護者の皆様、脅かす訳ではないのですが、この先を考えますと、この「小学校英語」は、非常に重要な科目であり、また小学校の残り1、2年間が、非常に重要な期間であることを前もってお伝えさせて頂きます。

 

 

今年度、小5、小6である皆さん、小学生の間に、「小学校英語」の教材を使って「聞く・話す・読む・書く」を徹底してトレーニングして下さい。また、毎日、少しずつでよいので、「小学校英語」の教材を使って「聞く・話す・読む・書く」練習を日々行うことを習慣に

していって下さい。このようにお伝えする訳を、以下に、詳しく述べていきます。

 

 

「小学校英語」の特徴

 

 内容

 

  1-1 文法項目

 

2020年度実施の「小学校英語」では、2019年度まで実施されていた「中学校英語」、つまり、従来の「中学校英語」の内容のうち、

 

「中1内容+中2内容の一部まで」を小学校の間に学ぶこととなります。

 

具体的には、代名詞、名詞の複数形、疑問詞 から、 助動詞、動名詞、不定詞 など まで、です。

 

  1-2 英単語

 

「小学校英語」で求められる英単語数は、600語~700語です。これは、従来の「中学校英語」で要求されてきた英単語数、1,200語の約半数にあたります。

 

⇒ 2020年度から実施の「小学校英語」は、足りない文法項目や英単語・熟語をもう少し補えば、従来の中2英語レベルである

 

「英検4級」合格が狙える

という、内容の濃いものです。

 

いや、内容的には、素晴らしいもののようです。では次回は、想定される授業の進め方について考えてみましょう。

講師の方から提案のメールが。その内容とは・・

2020年5月28日 カテゴリー:塾の様子

最近当校で力を入れて研究している事。それは

 

勉強の方法

 

です。すると今日先生からこんなメールをもらいました↓↓

 

 お疲れ様です。
唐突ですが、私が最近教採の勉強を始めたり、生徒を見ていたりして感じたことがあったのでメールさせていただきました。

それは勉強しているけど上手に勉強できていない子が多いことです。頑張っているのに勉強のやり方を知らないせいで時間を上手く使えていないのが本当に勿体ない、せっかくやる気を出して勉強するならみんなには上手な勉強の仕方を知っていてほしいと思いました

私が部活で強靱なメンタルの持ち方を知ったように、生徒たちにも上手に勉強することの大切さに気づくきっかけに、少しでもなればいいなと思い、勝手ながら現状や解決策などを軽くまとめてみました。勉強の合間に思いついたままに羅列したものなので不完全なものだとは思いますが、お時間あるときに読んでいただけると嬉しいです。

 

なんというタイミング。。メールを頂いた先生の力を借りながら良いものを生み出していきます!

 

生徒のみんなのためによりよいものを提供したい!という観点からはもちろんうれしいメールです。

 

ただ私としてはそれ以上に、講師の方が生徒の事、塾の事を考えてくれている事に感動しちゃいました( ;∀;)

 

講師みんなの力を合わせて地域一番の塾にしますね!

次の定期テストが受験にとてつもなく大きな影響を与えるぞ

2020年5月26日 カテゴリー:コラム

学校が再開し始めますね。今の流れで行くと、新学期が9月からになるという可能性は低いと思います。

 

コロナウイルスが落ち着き始めていますし、政府に制度を根本的に作り直すようなパワーはないと思いますし。海外では9月入学のところが多いので、日本に優秀な外国人や留学生が来るようになり、個人的には9月入学もいいじゃないかなぁとは思います。

 

入試の時期に関しても大きくは、ずれないと思います。もしかしたら1、2週間くらいはずれるかもしれませんが。また受験の範囲が狭くなる可能性はありますよね。

 

 

さて学校が始まりますが勉強面心配ですよね。特に受験生。

 

中学3年生は今の流れで行くと6月末、もしくは7月頭に期末テスト(もしくは中学校によっては「確認テスト」という呼び名になっているところもあります)が行われます。という事は、

 

 

1学期の通知表は、この期末テストと課題の提出状況

 

で決まってしまいますよね。中学校3年生にとって1学期の通知表は2学期、3学期の通知表に大きく影響します。

 

これは非常の大きな問題です。

 

そして高校3年生。特に推薦を狙っている生徒で、2年生後半、3年生で挽回しようと思っていた生徒にとっては、テストの回数が減る事によって通知表の挽回が難しくなってきます。となると次のテストは本当に重要どころか推薦がもらえるかどうかが決まる、入試と同じくらい重要なテストになりそうです。

 

上記の日程と仮定すると期末テストまで残り1か月となります。学校も始まったばかりなので進度がすぐに進むとは考えにくいです。となると、

 

次回のテスト範囲は、休校中の課題から出される確率が高いと思います。

休校中の課題、全部合わせると結構な量ですよね。今学校も始まって何を勉強したら良いかわからないと思います。まずは休校中の学校の課題を再度やり直しましょう。そしてテスト範囲がわかり次第、その勉強に切り替えるのが良いと思います。

 

 

混乱期においてやるかやらないかが差がつく時期です。気を引き締めて頑張っていきましょう!

学校再開後、最後の学力挽回のチャンス!

2020年5月21日 カテゴリー:塾長日記

 来週から学校が始まりますね。子どもたちも楽しみにしていると思いますし、保護者の皆様も助かる面もありますよね。ただ、学校が始まったからといって学力に関しては安心できないと思うんですよね。

 

 休校して約2ヶ月くらいたちました。この期間勉強を頑張った子とサボってしまったことの差を埋めるのは並大抵の亊ではありません。かなり差がついてしまったんだろうなぁと思います。

 

 ただ、まだ最後のチャンスがあります。

 

来週から学校が再開しても、まだ通常のように毎日授業があり、朝から夕方まで授業があるわけではありませんよね。

 

 また、学校がはじまるといっても、最初は新年度の準備に関することなので正式に勉強が始まるのは1ヶ月くらいかかると思います。

 

 そうなんです、

 

この1ヶ月が勉強をする最後のチャンス

 

 だと思います。

 

休校中サボってしまったというかた、最後本当に頑張って欲しいと思います。

 

この休校中頑張った子は、学校より先に進んだ内容を学習し、なおかつ今までの復習もできましたよね。これはすごいチャンスなので引き続き先に進んでいきましょうね!

 

 

子ども達に見て欲しい! 塾長一押し動画

2020年5月14日 カテゴリー:塾長日記

 今日は子どもたちにぜひ見て欲しい動画の紹介です。最近私自身YouTubeで情報を得ることも多くなってきました。特に移動時間など効率的ですよね。みなさんご存知の方も多いと思いますが、今日紹介したいのは

 

マコなり社長

 

です。日本最大のプログラミングスクール tec camnp を運営するイケメン社長です。

 

マコなり社長の動画は毎回見るのですが、その中でも今回はぜひ学生のみんなに見て欲しい動画でした。マコなり社長が

 

10代に伝えたい本当のこと

 

と題しています。

1.学校の先生はビジネスの事を何も知らない

 

学校の先生は勉強を教えるプロであり、子どもたちの人生に影響を与える素晴らしい人たちです。ただ、ビジネスのプロではないので、ビジネスがどのような仕組みで、どのような能力が現実求められているかについてはプロではないかという事。そのため将来を考える時、いろんな人の意見・視点も参考にしてみるのはどうですか、という提案です。※決して学校の先生を批判している内容ではありません。

 

2.厳しい部活は将来評価されるけど、それは結果をだしたやつだけ

 

 部活動も大切ですが、将来評価されるのは東海・全国大会にいったなど結果を出した人だけであるという事。もし今自分にとって部活が合わないのであれば他の部活をやったり、他の習い事など自分が活躍できる、自分が勝てる分野で勝負する事は悪くない事。

 

3.学校行事を頑張らないと将来成功しない

 

学校行事は社会の縮図なんです。みんなで意見をだしあって、議論し時には喧嘩をしながら良いものを作り上げていく。会社でプロジェクトを立ち上げて成功まで導く事と同じです。学生時代にこのような経験をすることは社会に出て役だちます。

 

などなど。その他にもたくさんあるので詳しい事は動画を見てください。

 

 実は私の最初の仕事は教育業界ではなく経営コンサルタントという仕事でした。一見花形の仕事に見えますが、それはそれは今では考えられないくらい大変な仕事でした。始発出勤、終電で帰宅の毎日ような生活でした。

 

 今の時代だったら完全ブラック会社として訴えられますね笑

 

ただそのおかげで、教育に限らず、ビジネスの現場の世界も経験する事が出来ました。そのため生徒にみなさんにも一味異なった進路指導をできるのではないかと思っています。

 

 今回のまこなり社長の動画、お子さんにとっては視野が広がる動画だと思います。中高生のみならず大学生にも見て欲しいと思います。

 

オンライン自習をやる理由 この休校を生かすために

2020年5月1日 カテゴリー:塾の様子

 以前もお伝えしましたが、今オンライン自習をやっています。前回は受験間近の中3生対象でしたが、今回は全員です。オンライン自習に関しては以下を参考ください。

 

 さて、学校の休校がもしかすると九月になるかもしれないというニュースがながれていますよね。もしこれが九月になったら

 

時間の使い方で人生変わります!

 

 ちょっと計算してみましょう。三月から休みに入っていますよね。

 

 

 平日に一日5時間勉強するとしましょう。

 

一ヶ月で

 

5時間✖️22日=110時間

 

六ヶ月で

 

110時間✖️6ヶ月

 

=660時間

 

これもう取り返しがつきません。人生変わります!

 

 ということで私自身はめちゃくちゃ危機感を持っているわけです。ただ、一人で勉強すると言っても、なかなかできないですよね。

 

 それが理由で今回オンライン自習を再開しています。

 

時間帯は毎朝10時からスタートしています。

 

生活リズムを正し、朝の時間を有効に使って欲しいためです。もう少し早い時間帯から始めようかなぁとも検討中です。

 

 最近は小学生も参加して頑張ってくれるようになりました。

 

 とにかく、今は人生が変わるかもしれない大きな時期です。

 

これは今まで勉強が得意でなかった子にとっては大チャンスでもあるんですね。

 

これをピンチとらえずあえてチャンスととらえて頑張っていきます。

最近何してる?

2020年4月29日 カテゴリー:コラム,塾長日記

 最近では新学期を9月にしようという動きもちらほら。海外の大学は9月開校が多いので悪くはないと思います。留学なんかはしやすくなりますよね。

 

ただ注意しないといけないことは、9月学校が再開という事は、9月まで時間をどう使うかが非常に大きなカギとなってきます。取り返しがつかいないくらいの差がつくと思います。これに関してはまた後日どこかでお話しようと思います。

 

 

今日は私個人の事を。

 

最近みなさん勉強面はもちろん心配だと思います。ただ勉強面のみならずお子さんのメンタル面も心配ですよね。。さすがにこれだけ家から出られないと。。

 

 

今だからこそ普段できないことにチャレンジして欲しいなと思います。

 

私がおすすめするのは

 

読書 

 

普段読書する時間がなかなか取れないと思います。いろいろな本を読んで欲しいです。ちなみに、読書と言えるかどうかは?ですが、以前から気になっていた鬼滅の刃を全巻大人買いしました!

 

 

映画・ドラマ 

 

 

映画もいいですよね。特に普段自分が見ないような映画を見て、視野を広げるのも良いですね。ちなみに、私はなぜか阿部寛主演の「結婚できない男」にはまっていて、食事中に毎回一話見るという変な習慣が。

 

 

 

無料オンライン学習を活用!

 

今いろんな企業がオンライン無料サービスを提供していますよね。どんどん活用して欲しいと思います。例えば

 

ニコニコ動画を運営する N高等学校は無料でオンライン授業を提供しています。

 

https://nnn.ed.jp/news/blog/archives/10023.html

 

 

通常の5教科のみならず、プログラミングやウェブデザインコースなどもあるので挑戦してみてはいかがでしょうか。最近中高生でもプログラミングを始める子が増えてきたなと感じます。

 

 

運動しましょ!

 

やっぱり日光浴びて体動かさないと気分もリフレッシュしないですよね。なるべく人がいない時間を見計らって散歩や公園で運動してみてはどうでしょう。

 

 

ちなみに私が最近変わった事というと

 

●人生はじめてサッカーのリフティングを始めました。最初1回くらいだったのが最近では40回くらいまで。

 

●中国語の単語を一日200個暗記に挑戦。毎日かなり大変です。。

 

●リモートワークが増えたのでいつも以上に自炊を!

 

●リモートワーク用に自分の部屋と塾のインテリア変え

 

など。

 

じっとしていたら気も滅入ってしまうので普段できない事に挑戦してみませんか!?

最新の投稿

カテゴリー

月間アーカイブ

無料体験学習のお問合せはこちら

まずは体験からお気軽にどうぞ

小学生国語対策 1ヶ月1,000で実施!

春日井駅徒歩10分

春日井個別指導学院

関田校
〒486-0855
春日井市関田町3丁目57
TEL:0568-29-9981

六軒屋校
〒486-0842
愛知県春日井市六軒屋町
6丁目16-1 東館
TEL:0568-29-6542

高校本部校
〒486-0842
愛知県春日井市六軒屋町
6丁目16-1 西館
TEL:0568-29-6542

私立大文系専門個別指導LINKS
愛知県春日井市勝川8-8-1
大山東ビル 105
TEL:0568-29-9981

お問い合わせフォームはこちら)

当塾へお寄せられる質問のベスト5をピックアップしました。

1位 授業料はどのようになっていますか。
2位 教室の見学はできますか。
3位 先生は選べるのですか。

よくある質問一覧